トラウマ

トラウマから卒業する方法

更新日:

こんにちは。

こころ回復セラピストのけいこです。

 

今回は
私の経験をお話しようと思います。

〈トラウマに依存していた私〉

20代30代のころ私は
トラウマに依存していました。

 

具体的には、「私は被害者」

という基本的なスタンスを
持っていたということ。

 

悪いのは親、環境、世の中、・・・そして私。

 

あの頃は

何もかもが面白くなかった。

優し夫、かわいい子供たちに
囲まれていても

どこか空しい。。。

そんな、                                           被害者的な考え方ばかりを持っていると

現実にも
面白くないことしか起こらない。

本当につらかった。

 

けれど、

今は、ホンワカしている私がいる。

悩みは尽きないのに。。。

 

何が変わったのか?

それは、

 

被害者のスタンスから                                       能動的体験者のスタンスに変わったこと。

 

能動的体験者のスタンスとは、

私は、あんな体験をしたんだ。

ひどいものだったけど、

貴重な体験でもあった。

そんな体験を私はしたんだ。

過去の体験を
まるで他人を見るかのように
ただの事実として受け止める。

そう、私はいつの間にか

過去に対する見方が

受け身的なものから
能動的なものへと変わっていました。

すると、

世界の見え方もクリアに
そして、ホンワカとしたものに                                変わっていったのです。

もちろんそこに至るまでには                                 人との関わりがありました。

手を差し伸べてくれた人達との関わり
なくして
こうはなれませんでした。

時には厳しく

時に優しく

時には遠くから

『人は人によって傷つけられる。
けれども
人は人との関わりによってしか
癒されない。』

これは

心理学の有名な言葉です。

あなたも

人を信じる勇気を持って                                   行動を重ねていけば

いつの日にか、つらかった過去も                                     能動的に体験したと思える日が
来ることでしょう。

こころ回復セラピスト けいこ                                     プロフィールとカウンセリングのお申し込み

-トラウマ

Copyright© こころを回復させて自分らしさを取り戻しより愛情深い人間関係を育むブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.