コミュニケーション トラウマ 子育ての悩み 家族の問題 後悔しない子育て 気分の落ち込み

会話が苦痛を克服するたった一つのコツ

投稿日:

こんにちは、こころ回復セラピストのけいこです。
東京を拠点にトラウマ解放セラピストとして活動しています。
特に、親からの過干渉などで窮屈な子供時代を送った方々(アダルトチルドレンや共依存)に対しての、自分軸回復セラピーは嬉しいお言葉をいただいています。

コミュニケーションが楽になるたった一つのコツ

 

コミュニケーションが苦手な方、無理に間を埋めようと頑張っていませんか

私も昔はそうでした。間があると、ソワソワして焦ってました。
次に何を話そうかと考えてばかりで、相手の話もろくに聞かず、緊張してました。

ほんと、疲れてましたね、人との会話に。空回りして。

けど今は、人との会話が断然らくになりました。

あるたった一つのコツを知ったから。。。

 

相手の話題を広げればいい

 

コツは、いかに相手に気持ちよく話してもらうか

割合的には8割2割くらいで相手に話てもらうよう、心がけるのが効果的です。
そのために、いかに相手の話を関心を持って聴けるか。です。

コミュニケーションに苦手意識を持ってしまうのは、自分が話さなければならないと思い込んでるからです。

具体的なコツは、相手の話した内容から話題を広げることです。
例えば、「今日昼食べたカレーうまかったな~」と相手が話したら、そこから広げる。
「カレーかー。どんなカレーだったの?」「カレー好きなんだね。」「カレーおいしいよね!私も好きだよ」
「インドカレーと日本のカレー、どっちが好き?」「オー、うまいよな、カレー。自分も好きだよ~、パワー出るよな~。」

こんな感じで話題は膨らませていけます。

こんな風に相手に話題の中心を据えると、断然ラクになりますよ。
ちなみにこれはおまけ付きで
精神科医の樺沢紫苑さんもおっしゃってますが、
また会いたいと思われるコツも、8割2割の法則だそうです。
相手に8割、気持ちよく話してもらうと、また会いたい!って思われるそうです。

これが自然とできるようになると、はっきり言ってモテますよ。

コミュニケーションもラクになって、より魅力的になれるなんて、ステキですよね!

相手の話した内容を広げるコツをつかめば会話はらくになる

マシンガントーク

あなたは、マシンガントークになってませんか?

私は以前は人と話すとき、間が怖くて、埋めようとつい早口で話していました。

カウンセリングを受けるようになってからも、始めのうちは、まくし立てるように話し続けてました。
クライアントさんでも、話が永遠と止まらなそうな方も結構いらっしゃいます。
そのような話し方を、マシンガントークなんて言ったりします。

そういった、話し方で心の健全度がある程度自己診断できるんですよ。

こころの回復のコツは、いかに自分を客観視できるか、が大きいですので参考にしてみてくださいね。

 

マシンガントークはPTSDの一種 神経過敏

 

もしあなたが、会話で早口でまくし立てる傾向があるなあぁ、(マシンガントーク)と思ったら、トラウマのPTSDの一種、神経過敏状態になっていると考えられますね。

PTSDとは、トラウマ的出来事によってもたらされる心身の症状の診断名です。

症状はいくつかあるのですがその一つが、神経過敏です。
過覚醒とも呼びます。神経レベルで、過度の緊張状態になっているのです。

私もそうでした。

心理学と、カウンセラー養成学校に入学して、初めて本格的にカウンセリングを受けた時、まず、無制限お試しカウンセリングというのがありました。

その時、なんと私は、気が付けば目の前のカウンセラーさんに、4時間もぶっ続けで永遠まくし立てていたのです!

その方は本当に受容的で、共感や合いの手を挟みながら聴き続けてくださったので、せいぜい2時間くらいだろうと思っていたのですが、なんと、4時間でした。

あの頃のわたしは、恐竜と対決する時と同じレベルの神経過敏状態だったのでした。。。。

そして、こころが安定してくると、徐々にホンワカモードが多くなっていたんですね。
それが本来の私の「素」、、、だったんでしょうね。

それで気づいたのが、私の場合、母の話し方が乗り移っていた部分が大きかったのです。
ちなみに母の口癖は、「早くしなさい!」でした。

あなたも、ご自分の話し方、話すスピードから自分を客観視してみましょう。
そうすれば、現状や進歩のヒントがつかめますよ。

 

話すスピードでも心身の状態がわかる

 

言葉がでない 会話が苦痛

 

ところが、話すスピード以前に、言葉自体が出ない方もいらっしゃいます。

クライアントさんでも、どもる、黙る、という方がいます。

そう言った方は、マシンガントークの正反対なのですが、実は根っこは一緒だったりします。

 

これも、トラウマのPTSD症状の一つ、低覚醒(解離)状態です。

マシンガントークがジェットコースターでいう上がった時なら、こちらは下がった時。

この意味するところは、話してもどうせ通じないから話さないよ。ということです。

こうなってしまったのには、性格もありますが、育った環境が大きく影響しています

親がガミガミうるさくて、子供の意見などお構いなしだったり、年がら年中子供に愚痴をこぼし続けたり。自分の不機嫌を子供にたれ流したり、、、、気分の波が激しくて、支離滅裂に怒鳴ってきたり。

はたまた、親自身がうつで、子供を半ネグレクトしたり。。。

そんな状況で育つと、どうせ話しても無駄。または話すことが怖い。うかつに声出すと、何されるかわからないから。

 

なんて悲しい信念が出来上がってしまい、社会に出てからも人との会話自体が苦痛になってきます。

自己主張が苦痛で言葉が出ない。

 

そんなあなたは、トラウマのPTSDの低覚醒状態に陥っているかもしれません。はたまた人間関係回避癖に陥っているのかもしれません。

 

それでも支障がないならそれでいいんですが、もしあなたが今、生きづらさを感じているなら、、、、

 

なんとかしたいですよね?

 

その場合の対策は、いくつかありますが、一つは、わだかまりの元となる感情にフォーカスして開放する方法と、もう一つは身体症状(パニックやフラッシュバック、など)にフォーカスする方法です。

 

どちらも大事なのですが、ポイントは、総合的に見ていくことです。

 

つまり、一人一人に合う解決策は違うということです。

もしあなたが会話自体が苦痛だったり、マシンガントークになっていたりする?なら、はたまた回避の罠にはまっていて解決したいとお考えなら、、、

 

わたしけいこと一緒に最適な解決策を見つけませんか?

 

ご興味のある方は、ブログだけではお伝えできる内容に限界がありますので下のリンクからメルマガ登録をお願いします。

 

 

こころ回復セラピストけいこ

プロフィール/メルマガ説明/カウンセリングの予約/お問い合わせ

たくさんの人が今より恋人とステキな関係になれた『愛し愛され上手タイプ』無料診断

『愛情という名の支配』~親と戦い自分を取り戻した女性たちの物語~

~あなた自身の悦びのために~

ご主人や過去の彼氏に気づかれないまま現在に至ったあなたへ。このまま終わるのは口惜しい。そう思っていませんか?
勇気を出して、ご相談ください。必ずご期待に添えるものと思っています。
お心当たりのあるあなたへ
より美しい調和と開放をお届けします

-コミュニケーション, トラウマ, 子育ての悩み, 家族の問題, 後悔しない子育て, 気分の落ち込み

Copyright© こころを回復させて自分らしさと再会し愛情深い人間関係を育むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.